院長ブログ

sp_tel.png

メールでのお問い合わせ

2017.09.07更新

堺市東区大美野で鍼灸整骨院の院長の木村です。

夏が帰ってきたような蒸し暑さが戻ってきました。そのようなときはクーラーをつけたり、薄着になったりしますよね。

実は、涼しいときのほうが、ぎっくり腰になりやすい傾向があります。

以前、ぎっくり腰になった人は9月、10月は要注意です。朝、晩の気温が下がり,血流が悪くなり、そして、ふくらはぎが張って硬くなる。

大体、このパターンはぎっくり腰になりやすくなります。

私も、去年腰痛になりましたので、このぎっくり腰には気を付けたいと思います。

予防法

①冷えないようにする。

②寝不足にならないようにする

③朝は、ゆっくり起きて座る。

 

これを、やってもらうとぎっくり腰にはならないです。

 

 

投稿者: きむら鍼灸整骨院 院長:木村 雅彦

2017.09.06更新

 あれだけ暑かった日々が、いつの間にか秋の季節がやってきました。

体の変化が出てくることも、実はこの秋の初めは要注意です。

 

夏ばては、夏にはきません。

 

今まで、汗が噴き出すようにでていましたが、汗もあまりでなくなり、体は楽になったと思いますが、実はこの時期からは、体がだるい、しんどい、眠い、夜中に目が覚めるなどの症状がでます。

季節の変わり目は、体の変化の時です。

対処は、睡眠時間を多くとる。規則正しい生活を送る。温かい食べ物を摂る。

をして、夏ばては秋にやってきます。

気をつけててください。

 

投稿者: きむら鍼灸整骨院 院長:木村 雅彦

SEARCH

CATEGORY

お問い合わせ TEL:072-239-7680